海外挙式の引き出物の相場は?品物から渡し方までマナーを解説

海外挙式の渡航先やドレス選びなど
どんどん決まっていく中で
引き出物についても考えないといけないなぁ…
と思ってる頃でしょうか?

招待するゲストには感謝の気持ちを込めて
素敵な引き出物を贈りたいですよね!

でも海外挙式ではどんな引き出物が
喜ばれるのかよく分からない
という人も多いはず。

よく調べずに選んでしまって
ゲストにがっかりされたり、
帰国時の負担になるようなことには
したくないですよね。

そこで今回は
海外挙式の引き出物について
詳しく調べてみました♪

  • 引き出物の相場はどれくらい?
  • 引き出物は帰国後がマナー
    って本当!?
  • 海外挙式の引き出物の選び方!…etc.

これから引き出物を検討するあなたに
お役立ち情報をお届けします♡


海外挙式の場合の引き出物は全員に必要なの?

海外挙式では、
おふたりの挙式へ参列するために

旅費、まとまった休暇の確保、
移動にかかる身体的、時間的負担など
ゲストに沢山の負担をかける
ことになりますよね。

そういった理由から、
基本的には全員に引き出物を用意することが
望ましいとされています。

ですが一部例外として、
ゲストの旅費の負担を全額
新郎新婦がした上でお祝儀もいただかなかった
という条件が重なった場合は
簡単なプチギフトのみとすることも。

少ない例ではありますが、
その場合でも遠くまで足を運んでもらうことには
変わりありませんので、
何らかの形で感謝の気持ちを伝えるように
心がけましょう!


海外挙式の引き出物の相場はどれくらい?

では気になる引き出物の相場について
見ていきましょう♪

国内挙式では一般的に
披露宴の飲食費の3分の1を目安に考える
と言われています。

※料理とドリンクが合計15,000円なら約5,000円が目安。

ですが海外挙式では
その考え方で算出すると
ゲストの負担に対して設定金額が少なすぎる
という問題が起きてきますよね。

そのため、
往復にかかる旅費の10%+ご祝儀代の10%
で算出することをおすすめします。

宿泊費を算出項目として含めるか否かは
おふたりの予算や価値観次第ですが

国内挙式の場合でも
宿泊費はゲストが負担する場合が
比較的一般的ではあるため、
含めなくても特に問題はないでしょう。

例えばハワイで挙式をする場合
日本からホノルル空港までの
往復の航空券代はおよそ80,000円

※あくまで目安の価格です。
渡航時期や座席のクラスにより変動します。

ご祝儀代は30,000円と仮定します。
その場合、それぞれの10%の金額を合計すると
11,000円、約10,000円を
引き出物の設定金額と考えます。

また旅費を負担してもらう代わりにご祝儀は
辞退するという場合は、
往復にかかる旅費の10%で算出なので
8,000円が引き出物の設定金額
ということですね!

海外挙式の引き出物は帰国後が基本マナーって本当!?その理由は?

海外挙式では引き出物を渡すタイミングとしては
帰国後が望ましいことはなんとなく
予想できるのではないでしょうか?

国内挙式ではパーティ会場の席に
引き出物が必ずといっていいほど
用意されていますが。

海外挙式ではゲストへの負担を
考えて帰国後に渡すことが
基本マナーとされているようです。

それでは
なぜそのように考えられているのか
理由をいくつか見てみましょう♪

理由1.ゲストの荷物が増えない

海外挙式へ参列するとなると
荷物はかなり多くなると考えられますよね。

また、帰国時にはお土産を購入する
ゲストも多いため、
旅行鞄の中はギュウギュウ詰めに…
ということも。

そんな鞄事情が予想される中で、
もしも現地で引き出物として
割れ物や重さのある品を渡されたら
どうしても取扱などに
負担を感じてしまいますよね。

最近では国内挙式でも
遠方から参列するゲストへは
引き出物は配送サービスを利用し、
ゲストには手ぶらで帰ってもらいたい
という意向の新郎新婦も増えています。

ゲスト目線で考えると
現地からの帰国の際には
荷物が増えない方が負担も少なく、
喜ばれるでしょう!

理由2.引き菓子などの賞味期限に余裕がある

渡航先でどのくらい滞在するかは
人それぞれですが、
引菓子の賞味期限を考えるなら
帰国後に渡す方が無難でしょう。

引菓子は選ぶ内容によって
賞味期限も1週間~1ヶ月程度と
かなり幅がありますよね。

もし現地でお渡しした引菓子が
賞味期限の短いものなら
帰国後すぐに食べなければならない!
と焦らせてしまいます

そのため、
引菓子を賞味期限に余裕をもって
食べてもらうためにも
帰国後にお渡しする方が望ましいでしょう♪

理由3.宅配引き出物を利用することでグレードアップできる場合がある

引き出物を宅配で送ることができる
引き出物宅配専門ショップが
ネットでも数多くあるのはご存知でしょうか?

その専門ショップの中には
引き出物の価格を通常価格より割り引いて
販売している商品がいくつかあります。

例えば22%の割引がなされていた
販売価格7,000円の引き出物セットが
あったとします。
これは割引前の価格としては8,974円、
1,974円お得に購入できるということですね!

引き出物の設定金額を10,000円で
考えていたとしても
割引率によっては10,000円以上の
価値のある贈り物をゲストへ贈ることができる、
ということですね♪

せっかく宅配で引き出物を贈るなら
こういった割引サービスを賢く利用して
ゲストに喜んでもらえる品を
選べるといいですよね♡

理由4.現地での時間を自由に使うことができる

例えば現地ならではの引き出物を贈ろうと、
現地に到着してからおふたりが品物選びに
お店を何ヶ所か回る予定を立てたとします。

ですが、現地で引き出物として
相応しいと思えるものを短時間で
ゲストにあわせて考えながら選ぶ
というのは、なかなか大変ですよね。

しかも慣れない海外の土地で
相応しいと思える品物が
すぐに見つかるとも限りません

お土産としても購入しやすい
現地のお菓子などを引菓子として購入し、
お渡しするというくらいの手軽さであれば
比較的時間も必要ないかもしれませんが、
海外では想定外のこともあるもの。

可能な限り、おふたりのスケジュールに
時間的余裕を持たせるためにも
引き出物の購入やゲストへのお渡しは
帰国後にした方がいいかもしれませんね!

海外挙式の引き出物の選び方!現地で渡す場合のポイントとは?

せっかく海外で挙式を挙げるのですから
やはり渡航先ならではの引き出物が
喜ばれますよね!

また、もしも現地でお渡ししたいと考えるなら
どのような引き出物が
ゲストに喜ばれるのでしょうか

2つのポイントにあわせて
ご紹介していきますね♡

ポイント1.現地で渡す場合はその国ならではの物を選ぶ

現地で渡す場合は
荷物にならない現地ならではの物を
引き出物として選ぶことも考えられますよね!

例えばアジアリゾート地として人気のバリ。
スパなどのリラクゼーションを体験
してもらうのはいかがでしょう?

長旅で疲れた体を癒せて
ゲストとしてはかなり嬉しいですよね!
可能であれば、
日本語にある程度対応しているお店を選ぶと
ゲストも安心です♪

また、スパはお店によって
雰囲気やサービスにかなり差があるので
事前に大切なゲストをおもてなしの場として
案内してお問題ないか
しっかり下調べをしておきましょう!

スパの他にもアミューズメントパークなどの
チケットをお渡しするという方法もあります!

例えばシンガポールなどでは
ナイトサファリやユニバーサルスタジオなど
観光スポットとして人気の場所が
いくつかありますよね♪

挙式の前日などは
時間的に確保することが難しい場合もあるので
挙式後にある程度の時間と日数が確保できる
ゲストには、パークチケットを案内してみると
喜ばれるかもしれませんね!

ポイント2.アクティビティを選ぶのもアリ

例えばおふたりが選ばれる渡航先が
アクティビティが充実している場合は
引き出物の代わりとして
ゲストに体験してもらうといいかもしれません♪

リゾート地なら
海の美しさを楽しみながら
マリンアクティビティを満喫すれば
ゲストにとっても
とてもいい思い出になりますよね!

ただしアクティビティを引き出物の代わりとして
体験してもらうのであれば、
事前にゲストへスケジュールの確認と
案内を入れた方がいいでしょう。

現地についていきなり誘われてしまうと
ゲストが何か予定をキャンセルしたり
時間上難しくて
断られてしまう場合も考えられます。

おふたりが魅力を感じて選んだ渡航先です。
その魅力を体感してもらうというのは
海外挙式ならではの
引き出物の形といえそうですね♡

海外挙式の引き出物の渡すタイミングはいつ?

それでは引き出物を渡すタイミングは
いつが望ましいのでしょうか?

渡すタイミングを間違えてしまっては、
え?このタイミングで…?
と思われてしまいかねませんよね。

現地で渡す場合、
もしくは帰国後に渡す場合、
それぞれゲストに失礼のないタイミングを
ご紹介していきます!

1.現地で渡す場合

まずは現地で引き出物をお渡しする場合、
おふたりがゲストへ感謝の気持ちを
伝えながらきちんと手渡しできるタイミング
望ましいですよね♪

最も考えられるタイミングとしては
挙式後や挙式後に行われる食事会の後
ではないでしょうか。

また先ほどご紹介したスパやパークチケット、
アクティビティなどの体験を
引き出物の代わりとする場合は
予定を事前に確認しているはずですよね!

サービス券やチケットをお渡しする際には
楽しんでくださいね♡など、
一言添えてお渡しするとよいでしょう♪

2.帰国後に渡す場合

帰国後に引き出物をお渡しする場合、
ゲストが自宅に帰る頃にお届けする
いいでしょう。

基本的には帰国後からお渡しまでに
あまり期間があいてしまうと
まだかな…?と思われかねません。

ですから現地では

「引き出物は荷物になるため
ご自宅へ送らせていただきます。
お帰りの頃にお届けする予定です。」

などのメッセージカードをお渡しするか、
口頭でゲストへお伝えするようにしましょう!

また、ゲストが帰国時に
自宅へお届けすることを考えても、
出国前に手配を済ませておくと安心でしょう。

海外挙式の場合のプチギフトはどうする?

国内挙式の場合はお見送りの際に
送賓グッズとして300円程度のプチギフトを
用意することが一般的ですよね!

海外挙式でもやはり用意することが
一般的ですが、
おふたりの挙式のテーマや雰囲気にあわせて
プチギフトの形も様々です。

例えば海のきれいなリゾート地で
海を望みながら砂浜にて挙式を行う場合、
ゲストの履物は歩きやすい靴がいいですよね♪

そこで、新郎新婦からゲストへ
プチギフトの代わりとしてビーチサンダルの
プレゼントが人気のようです!

ハワイ挙式でビーチサンダルを
プレゼントしたカップルの動画があるので
参考に見てみてくださいね♡

結婚式の雰囲気にもマッチしていて
とっても素敵ですよね!

国内挙式では
お見送りの際に渡すことが一般的ですが、
海外挙式では形式にとらわれず
おふたりらしいタイミングで雰囲気に
あうものを
選ぶといいかもしれませんね♡

もう当日にそなえて
やることリストはできてますか?
もしまだならこちらを参考にご覧ください♪

⇒海外挙式の準備期間とやることリスト&当日の流れ【保存版】

当日を笑顔で迎えるためにも
準備はしっかりしておきたいですね!

まとめ

いかがでしたか?

引き出物やプチギフトについて
詳しくご紹介しました♪

ここでお伝えした内容を
簡単におさらいしてみましょう!

まず海外挙式においても
引き出物は基本的には
全員に用意しておいた方がいいでしょう。

引き出物の相場は
往復にかかる旅費の10%+ご祝儀代の10%
で算出することをおすすめします。

海外挙式の引き出物は
帰国後が基本マナーであることも
お伝えしましたね♪

  1. ゲストの荷物が増えない
  2. 引き菓子などの賞味期限に
    余裕がある
  3. 宅配引き出物を利用することで
    グレードアップできる場合がある
  4. 現地での時間を
    自由に使うことができる

引き出物の選び方で
現地で渡す場合のポイントは

  1. 現地で渡す場合は
    その国ならではの物を選ぶ
  2. アクティビティを選ぶのもアリ

であるとお伝えしましたね!

引き出物を渡すタイミングは

現地で渡す場合は、
挙式後や挙式後の食事会の後に
おふたりが直接感謝の気持ちを伝えながら
手渡しすることが望ましいです!

そして帰国後に渡す場合は、
ゲストが帰国して自宅に帰る頃に
宅配サービスなどを利用して
お届けするといいでしょう。

プチギフトは、
おふたりの結婚式のテーマや雰囲気にあわせて
贈るといいでしょう♪
参考としてビーチサンダルをプレゼントした
カップルをご紹介しましたね♡

ご紹介したとおり、引き出物もプチギフトも
遠くまで長時間かけて
かけつけてくれたゲストへの
感謝の気持ちを伝えるためのものです。

ゲストの負担にならないことはもちろんですが、
それ以上に海外まで足を運んでよかったと
思ってもらえるような
素敵な贈り物ができるといいですね♡

海外挙式ってホントに高い?

海外挙式は費用が高くて私にはムリ!
と思っていませんか?

実は意外と安く済ませる方法もあるんですよ♫
そこで海外挙式の費用を格安にする6つのコツをまとめてみました。

費用を抑える裏ワザや人気の国・各国の費用相場を紹介しています。

内訳
NIGOをフォローする
海外挙式の費用を格安にするなら『Dream Agent』

コメント

タイトルとURLをコピーしました